So-net無料ブログ作成
健康・食事 ブログトップ

抗酸化物質とその効果について [健康・食事]

今朝(2008年7月15日)、a_taroさんのblogに体臭に対しての慣れ(「究極の選択?」より)についてありましたので、ちょっと体臭に関連する事を書いてみようかと思います

体臭の原因ですが、基本的に風呂に入って汗を流していない、何日も洗濯していない服を着ている等、不潔にしている事により雑菌が繁殖して臭う場合と、体の中から出る臭いがあります

風呂に入っていないだろうなって人が偶に電車に乗ってくると、かなり強烈な臭いを感じる事があります
こういう人が近くに居ると不快ですが、自分が臭うかって気になりますよね
自分の事ならちゃんと風呂に入って体を洗い、洗濯をした服を着れば大概は大丈夫だと思います
しかし、体の中から出てくる臭いは仕方がないって思っていると思いますが、元々お米を主食としていた日本人は体臭はそんなに酷くはなかったと聞きました

※アポクリン腺異常などの方は日本人は1割程度なのだそうです

ですが、近年食事の欧米化が進み、あまり臭わなかった日本人が少しずつ臭いが濃くなって来ているのも現状なのだそうです
但し、日本人は元々あまり臭わなかった所為か体臭に敏感な面もあるようです

臭いが出る原因ですが、近年言われている試論では、活性酸素が脂肪酸を攻撃して酸化分解し、臭い成分となって臭うのだそうです
活性酸素は人体を細菌などから防御するために使われています
過剰となった活性酸素は体内の消去システムや摂取した食べ物の抗酸化物質によって消去され健康が維持されているのですが、紫外線や排気ガス・大気汚染などの環境問題やストレスに煙草を吸われる方はニコチンなど色々な要因によってダメージを受けて活性酸素が過剰に作られます
その結果、老化の促進や癌などを発病したり生活習慣病など(メタボに糖尿病や体臭等)になる可能性が高くなります
この過剰となった活性酸素を予防する手段として抗酸化物質を含む食事やサプリメントを摂取する事が重要となります

アメリカでは抗酸化能力を測定する方法の1つとしてORAC(Oxygen Radical Absorbance Capacity:活性酸素吸収能力)を使用しています
お店に置いてある食品やサプリメントに表示してある物が多いそうです
買われる方はこのORAC値を参考にする方も多いようで、アメリカではORACは一般的に浸透しているようです

抗酸化物質を含む食事を多く取る事で、癌の発生を抑制したり、紫外線対策や肌の活性化にもなり、体臭も抑えられてくると思います

僕は健康はある程度の運動が必要で、特にインナーマッスルや筋肉や骨(骨格)のバランスが重要だと思っています
食事は生きる為のエネルギーであり、摂取する内容はそれ以上に重要だとも思っています

体臭やメタボにお肌など気になる方は試されては如何でしょうか

<備考>
抗酸化物質は野菜や果物に多く含まれています
カテキン・フラボノイド(ポリフェノールの一種)・カロチノイド(カロチンやリコピン、ルテインなど)・アントシアニン(ベリー系に多く含まれる)・ビタミンC・ビタミンE等が抗酸化物質に当たります

野菜ではホウレン草、果物ではブルーベリー・ラズベリーなどベリー系が多く含まれているようです
他にも柑橘系の果物やリンゴにも多いようです

近年、緑茶のカテキンには消臭効果が認められて消臭剤など臭い消しにも使われてます
お茶をよく飲んだりするのも良いと思います
(余談ですが、烏龍茶は脂肪分解率が非常に高いので、脂っこい食事の時に一緒に飲むといいです)

060327_あびこ_ギョッ!001.JPG
えぇ!そうなの?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 猫ブログへ

今回猫さん関係ないけど、一応… (^^;

食事と健康について [健康・食事]

最近またメタボリックの事など色々なところで耳にするので、ちょっと軽く肥満や蛋白質の事など書こうと思います

まず基本的なのは痩せやすい体・脂肪を溜めない体を作る事が理想なのですが、病気や手術などで運動が出来ない方や制限される方も居ると思います

基本は摂取量と消費量のバランスが大事なのですが、あれも美味しいこれも好きと食べてばかりいると胃の容量は大きくなり、脳の満腹中枢が麻痺します

満腹とは胃壁の拡張(お腹いっぱい)になっただけでなく、血糖値の上昇も大きく関係しています (脳を誤魔化すダイエット法もありますね)

満腹を関知する中枢神経が麻痺してしまったらどんどんと食べるようになってしまいます。
結果たいして動いてない方は消費されずカロリーを体内に脂肪として溜め込む事になります
お酒を飲まれる方は飲み過ぎると肝臓で脂肪酸に変わり、更に中性脂肪に合成され蓄えられます
後は、そのまま肝臓内に蓄積されたり、血液中に出され脂肪組織に取り込まれたりと体内に蓄積されでいきます

早食いの方も脳に血糖値の上昇を知らせるより早く詰め込んでしまうので太る原因です

食べ物に限らず人は欲求を抑制しないといけないって事ですね (^^;
(ストレス太りをする方は解消に食に走ってしまう場合があるようです)

不規則な食事をされる方は体がいつ栄養が取れるか分からないと判断し体に脂肪を溜めようとします
この作用はインシュリンが体にエネルギーを溜め込んでゆっくり使おうとする為に太っていくのだそうです

他にも遺伝(肥満遺伝子)などもありますが、やはり摂取する量に対して消費する量のバランスが良ければ脂肪は溜まりません

<心掛ける事>※印は効果です

ここで幾つか しておくと良いと思われる事を書きます

①良く噛んで食べる事(咀嚼回数を20~30回は噛んで食べる)

※良く噛む事で食べ物が細かくなり消化しやすくなります
良く噛む事で唾液がたくさん分泌されデンプンを分解し胃で吸収が早くなり、少量の食事で満腹感を与えてくれます (内臓の負担も軽減されます)
良く噛む事で顎の筋肉を使うので小顔効果があるそうです
良く噛む事で脳への刺激となります (老化防止や血液循環にも良い)

②緑黄野菜を多く食べる

※食物繊維を多く取る事で便秘を無くし、体の循環を良くする
(便秘の方は体内に毒素が溜まりやすく循環が出来ていない為ダイエットの効果は薄いです)
葱や大蒜に含まれるアリシンは脂肪分解酵素を活性化させてくれます
抗酸化ビタミンが細胞の老化を防ぎ肌を綺麗にしてくれます
食物繊維を多く取る事で癌を防止する作用があります (マサイの人達は日本人の5~10倍の食物繊維を取っていて、癌の発病がないそうです)
体臭を抑えてくれます (動物性タンパクばかり取っていると体臭や便がキツくなります)

③体に障害のない方は適度な運動をする

※筋肉量が増える事で代謝量が増えます
体を動かす事でエネルギーの消費が大きくなります
代謝が良くなる事で体が活性化し、体が丈夫になります
スタイルが良くなります
インシュリンの作用を正常化して脂肪合成を促進させないようにしてくれます
ストレスの解消になります
疲れる事で夜眠りやすくなります

④水を1日に最低2?以上飲む (但し一度に吸収できる量は180~200ccなので分けて飲む)

※水をたくさん飲む事でリンパ管の滞留している老廃物を流してくれ疲れ難い体にしてくれます
肌の艶が良くなり綺麗になります
体の循環がよくなり浮腫みが解消して痩せやすくなります (よく水太りと言いますが、水が足りないと浮腫んで水太りになります)

⑤油物をひかえて栄養バランスの良い食事を取る (②と少し被りますが足りないビタミン等の不足を他の食事を補うという事で)

※一日に必要量のビタミンやミネラル・必須脂肪酸などを取っていると体の機能が正常に動作して風邪など引いても治りやすい(栄養が足りてない状態と比べて)です


食事ですが、三大栄養素(炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質)の炭水化物や糖質を少なくし、タンパク質を多目に取るダイエットがあります
日本人は炭水化物を溜めやすい体質とTVで言っていたのを聞いた覚えがありますので、炭水化物を抑え脂肪を減らすのは効果がある事でしょう

タンパク質では大豆タンパクと乳タンパク(ホエイ)などがありますが、この2つで比べると大豆タンパクの方が体脂肪率の減少が3%も良かったそうです
大豆タンパクは体脂肪の燃焼を促進して体脂肪の蓄積を抑える効果があるので、ダイエットをされる方は良質の大豆タンパクを取ると良いと思います (大豆タンパクはβコングリシニンとかいう物質が寄与しているそうです)

<おまけ>
ビタミンCも体の色々なところで必要とされるのですが、水溶性ビタミンのビタミンCは熱に弱くすぐに不足がちになるので普段からコマ目にサプリ等で取っていると良いと思います

あとCMなどでお茶の成分カテキンがダイエット効果がとりざされてますが、カテキンの中でも脂肪燃焼効果が最も高いのがエピガロカテキンガレート(EGCg)というものだそうです
このカテキンは特にお腹周りに効果があるそうですのでウエストラインが気になる方には良いと思います

ずいぶん長く纏まりのない文になってしまいました m(_ _)m
分かり難いかもしれませんが、これを読んだ方がメタボ改善やダイエットの参考になれば幸いです

070804_2127~0001.JPG

貫禄かな?σ(^-^;)

健康・食事 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。