So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカのボストンで市内の郵便ポストに子猫が捨てられていたそうです [猫ニュース]

今年(2009年)の6月13日(土)にアメリカのボストン市内を回る郵便の集配車がポストに捨てられていた生後8週くらいのメスの子猫を保護したそうです

200906_アメリカ_ボストン_ポストに捨てられてた赤ちゃん猫.jpg

集配員はアーリントンとデーヴィソン街路の交差点にある郵便ポスト(inside the mailbox at the intersection of Arlington and Davison streets)に栄養失調で震えている子猫を見付けたそうで、集配員は手紙の回収をしなくてはならないので、見ていた女性がMSPCA(Massachusetts Society for the Prevention of Cruelty to Animals:マサチューセッツ動物虐待防止協会)へ連れて行ったのだそうです

Because the postman had to complete his route, a woman who witnessed the discovery brought the cat to the MSPCA.

子猫はMSPCAで手当てを受けポスティナ(Postina)と名付けられ、里親募集リストに載せられたところ、ニューハンプシャーで郵便局員(a US Postal Service employee in New Hampshire)をしているジョージ・ナップさん(George Knapp)が引き取り手に名乗り出たそうです
ナップさんは昨年に愛猫さんを亡くされ悲しい想いをしていたところ、奥さんのダニー・ジーン・スチュアートさん(Dani-Jean Stuart)が仕事中にポスティナちゃんの事を知り、旦那さんに電話してMSPCAに問い合わせたのだそうです

Stuart was at work and reading through the script for the evening's news to be broadcast on New England Cable News when she learned about Postina, last Tuesday.

"I called my husband and told him I found his cat," said Stuart, a free-lance technical director.

"Recently, he was indicating that he wanted a new cat, but said that the right one would come along," said Stuart, whose husband's cat died a year ago and was "heartbroken."

With Knapp being a six-year veteran with the USPS, Postina seemed like the ideal new kitten to him. And in combination with his wife having already adopted from the MSPCA "they thought that we would be a good home," Stuart said.

This morning the Weare, NH, couple drove two hours to Boston to pick up Postina, who they are renaming.

ナップ夫妻はボストンまで2時間かけて行き、ポスティナちゃんを引き取ったそうで、名前を切手も無くポストに入っていた(当たり前)ことからPD(Postage Due:郵便料金不足)にしたそうです

This morning the Weare, NH, couple drove two hours to Boston to pick up Postina, who they are renaming.

"We are going to call her PD for postage due since she didn't have any stamps on her when she went into the mailbox," Stuart said after her husband prompted her to tell ZT Pet News about the name change during a phone interview.

Knapp wasn't able to come to the phone directly as he was late heading into work after the couple's half-day trip to pickup the little kitten. But Knapp's coworkers at the distribution plant -- where they make sure the mail goes to the right post office -- "all thought that it was pretty cute that the postal kitty came to a postal worker," his wife said.

ポスティナちゃん改めPDちゃんはナップさん宅に居る14歳のドーベルマンのミックスのワンちゃんと仲良く暮らしているそうです

Now with the Postina, or PD, home, she is getting the lay of the land, which includes meeting Caesar, the couple's adopted 14-year-old Doberman mix.

200906_America_Boston_KittenThrownAwayToPost_Postina.jpg

郵便が縁で出逢えたのですね
PDちゃん優しそうな方に引き取られて良かったです

ヨーロッパなどでは昔赤ちゃん(人間の)を郵便ポスト入れていた時代もあり、現在では赤ちゃんポストなる物まであります
基本 郵便ポストには生き物は入れてはいけない事になっていて海外では結構重い罪になります

通りがかりの人が"外よりは"とか"悪戯"で入れていく事もありますが、入れられた猫さんは出る事もできず、暗い中で大きな音(籠もって反響)をたてながら何か(郵便物)が落ちてくる状態は怖いものだと思います

これからは幸せに暮らして欲しいですね

ペット大好き! WorldPetNews:アメリカ 郵便ポストに捨てられた子ネコ 新しい家族のもとへ
NewYorkPost:Postal Worker Adopts Cat Dropped in Mailbox
boston.com:A special delivery: Kitten found in streetside mailbox
MSPCA-Angell:MSPCA Finds New Family for Postina
The Secret Life of Animals:Postina’ finds loving home with NECN employee

*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ

猫会 - にゃかい - の「カメラ目線フォトコンテスト」で特別賞を受賞しました & キリ番報告 [猫イベント]

「猫会 - にゃかい -」の「カメラ目線フォトコンテスト」で"ちび"君の写真が特別賞を受賞しました

what02.gif

<入賞した写真でデコメを作って頂きました 良かったら使って下さい>

[保存手順]
①カーソルを画像に合わせて右クリックし[名前を付けて画像を保存(S)]を選択
②[画像の保存]で保存場所を指定し[保存(S)]を選択
※デフォルトは"マイ ドキュメント"の下の"マイ ピクチャ"[XP]

またもや「猫会 - にゃかい -」管理者の方より連絡(メール)があり、ちび君の写真が「カメラ目線」フォトコンテストにおいて特別賞を受賞したとの事でした

今回の結果は、マイコミジャーナルに記事となって掲載されてます
良かったら読んでみて下さい

現在は「くつろぎポーズ」フォトコンテストが開催されてます
「猫会 - にゃかい -」は登録も年会費も掛かりませんので気になる方は応募されてみては如何でしょうか

[「くつろぎポーズ」フォトコンテスト]
応募期間:2009年6月8日(月)~7月5日(日)
コメント書き込み期間:2009年6月8日(月)~7月5日(日)
賞品:オリジナルねこデコメ/猫用お菓子(1点)

脱力した猫さんのくつろぎポーズ写真が募集要項です
写真は何点もご応募できるようです

猫会 - にゃかい -:猫会便り 入賞発表!
猫会 - にゃかい -:猫会コンテスト
猫会 - にゃかい -:「くつろぎポーズ」フォトコンテスト
猫会 "ねこ猫ねっと":べ~
マイコミジャーナル:猫好きSNS、「カメラ目線フォトコンテスト」の大賞作品は見返り美人!

それと摩亜さんnice2300番目でした
ありがとうございました m(_ _)m
カードを作りましたので良かったら貰って下さい

2300niceThankYou.jpg

*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ


再びプランタン銀座のねこ展に行ってきました & 猫会( にゃかい)の「寝顔・寝姿」フォトコンテストで"ちび"君が入賞しました

◇「猫会 - にゃかい -」の「寝顔・寝姿」コンテストで"ちび"君の写真が入賞しました

<入賞した写真でデコメを作って頂きました 良かったら使って下さい>
[保存手順]
①カーソルを画像に合わせて右クリックし[名前を付けて画像を保存(S)]を選択
②[画像の保存]で保存場所を指定し[保存(S)]を選択
※デフォルトは"マイ ドキュメント"の下の"マイ ピクチャ"[XP]

先日「猫会 - にゃかい -」管理者の方からメールが届きまして、ちび君の寝姿が入賞したとの事でした
blogに紹介するのに1枚だけ載せたのが当選して驚きました
コメントに「歯が出たままなにもの気づかず、爆睡している様子が面白かったです。」とありましたが、ちび君は口を閉じても犬歯がニョッキリと出ているんです

現在は「カメラ目線」フォトコンテストが開催されてます
「猫会 - にゃかい -」は登録も年会費も掛かりませんので皆さんも宜しかったら応募されてみては如何でしょうか

[「カメラ目線」フォトコンテスト]
応募期間:2009年5月18日(月)~6月5日(金)
コメント書き込み期間:2009年5月18日(月)~6月12日(金)
賞品:オリジナルねこデコメ/猫じゃらし(1点)

カメラ目線の猫さん写真なら何でもいいそうです
写真は何点もご応募できるようです


猫写真・動画コンテストのお知らせ&キリ番報告
*********************************************************
○「猫会 - にゃかい -」で「寝顔・寝姿」フォトコンテストが開催されています

猫会 - にゃかい - は、猫さんの写真や動画を投稿して、他の会員と写真や動画を共有したりコメントしたりして、猫さん好きな方々の輪を広げるコミュニティサイトですね

コンテストは登録しないと投稿できませんが、ここも無料で登録できて個人用のblogを貰えて其処に写真や動画をアップします
PCや携帯から簡単にアップできますので興味がある方は試されてみては如何でしょうか

今回は「寝顔・寝姿」のフォトコンテストで何点でも応募できます
入賞すると猫グッズが貰えますよ
他の方へののコメントは登録しなくても出来ます

◇応募期間:2009/4/20(月)~5/8(金)
◇コメント書き込み期間:2009/4/20~5/15(金)
◇賞品:オリジナルねこデコメ/ペットブラシ(1点)

猫会 - にゃかい -:「寝姿・寝姿」フォトコンテスト


一茶記念館の館長猫「空」君が行方不明になっているそうです [猫ニュース]

長野県信濃町にある一茶記念館の館長猫と呼ばれていた"空"(そら)君が今年(2009年)4月18日頃より姿を消してしまったそうです

200906_信濃町_小林一茶記念館館長そら君行方不明.jpg

空君は信濃町の一茶記念館近くに住む杉山さん宅で飼われている飼い猫で2歳のオス猫です

毎朝8時に出勤し、お客さんのお出迎えや館内パトロールなどをし、17時に杉山さん宅へ帰る毎日を過ごしていました

4月の16~17日に東京のTV局から取材(ポ○たま?)が来た時までは杉山さんが確認しているそうで、翌日の4月18日頃から姿が見えなくなっていたそうです

一茶記念館では町内放送を流したりして呼びかけているそうですが、有力な情報は無いそうです

一茶記念館の中村淳子学芸員は「空を目当てに来る客も多く、みんな寂しがっている。ある日また帰ってくるかもしれない」とコメントしているそうです

色々探していると思いますから事故にあって亡くなった可能性は低いと思います
(もしかして車に轢かれ怪我して隠れて亡くなっている可能性は無いとは言い切れませんが、事故の後は何かしらの物的証拠も残りますし可能性は低いと考えます)
僕の推測ですが、TVで放映されひと目見ようと沢山の人が来ていて色々な人が来ていると思われます
空君は人懐っこく自分で記念館へ通い、自分で帰宅していました
連れ去るチャンスは沢山あります
人の事など考えない自分勝手な人間が連れて行ってしまったのではと考えます
もしそういった人間が連れ去った場合、飽きたなど理由で捨てたり、抵抗した事で虐待(最悪殺害)したり、トイレやご飯の世話もせず、栄養失調で亡くなったり等最悪な事が色々考えられます
オスの旅立ちにしても外敵は無いように見えました
居なくなって2ヶ月が経過しているようです
ちょっと遠くへ冒険しているだけで、ひょっこりと無事に帰ってきて欲しいと思います

毎日.jp:猫:さすらいの旅? 名物「館長猫」行方不明--信濃町・一茶記念館 /長野

*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ


長野県信濃町の一茶記念館に「館長」と呼ばれる猫さんが人気なのだそうです
長野県信濃町にある町立 一茶記念館に訪れる来場者の方々から"館長"と呼ばれる猫さんが居るそうです

一茶記念館に訪れる猫さんは近所で飼われているオス猫さんの空(そら)君で、今年(2008年)夏の盆を過ぎた頃からお客さんと一緒に入館してくるようになったそうです

館長さんの椅子に堂々と座る事から"館長"と呼ばれるようになり、ほぼ毎日一茶記念館に出勤してくるそうで、最近では自分で自動ドアを開けて入り、事務室の入り口で「にゃ~ん」と挨拶をして館長さんの椅子に座るそうです

日中は館内を巡回したり来館者の相手をしたりと色々と業務をこなしているそうです

小林一茶はとても有名な俳人ですね
生涯約2万とも3万とも言われる俳句を残したと言われた方です
大の猫さん好きで知られて、猫さんの句も多く残した方です
何か縁(えん)があるのかもしれませんね



イギリスでエアガン50発受けた猫さんが助かったそうです [猫ニュース]

イギリス クリーブランドで飼い猫を捕らえて縛りつけ、エアガンを50発撃たれた猫さんが奇跡的に助かったそうです

200906_English_50Shot_Rosie(Cat_1424168c).jpg

撃たれた猫さんは2歳になるメス猫のロージー(Rosie)ちゃんで、今月(2009年6月)の11日に血塗れで倒れているのを飼い主のトレーシー・ホーマーさん(Tracy Homan) が見付け.ショックで泣きながら病院に連れて行くと、X線の検査で体内に50発以上の弾丸(50 pellets embedded)が埋まっていたそうです

Owner Tracy Homan found her pet covered in blood, dragging her hind legs and crying in agony after the attack.
Mrs Homan, 39, a carer, said: 'I've never seen anything like it in my life. She was covered in blood and dragging her back legs along the floor.
'She's got about 50 wounds. The vet managed to get 20 pellets out, but 30 are still embedded in her body.

緊急手術を受けたロージーちゃんは一命を取り留めたものの、摘出できた弾丸は20発で、30発は摘出でず体内に残ったままだそうです

地元警察の調べでは、ロージーちゃんは固定された状態で連発式のエアガンで撃たれ、犯人についてはまだ分かっていないそうです

ホーマーさんは3年前にも凶悪犯が押し入りペットの兎を撃ち殺していったそうです

Three years ago thugs broke into her home and attacked her rabbit, leaving it for dead.

酷い人間が多い世の中です
ロージーちゃん悪い奴に捕まってしまい身動きできない状態にされて何発も撃たれたのでしょう、こういうサイコな奴は許せないです

犯人が早く捕まる事を願います

Telegraph.co.uk:Cat shot with 50 pellets survives
Mail Omline(Daily Mail):Cat survives after being shot 50 times by yobs
SKY News:Cat Shot 50 Times By Yobs - And Survives

*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ


オーストラリアで27発の弾丸を受け虐待にあった猫さんが一命をとり止めたそうです
オーストラリアのクイーンズランド州ケアンズ市でエアガンの銃口を直接体につけられて27発も撃たれた猫さんが奇跡的に助かったそうです

被害にあった猫さんは2歳になるオスのポッサム君(Possum)で、飼い主のジョディ・ムーレイさん(Jodi Mulley)が金曜の夜に家の裏口でスラッグ弾が突き出したままニャーニャー鳴いて来たそうです

He was found by his owner, Jodi Mulley, with terrible injuries including a punctured tongue.
"He came meowing at the back door late on Friday night with the lead slugs still sticking out of him," Ms Mulley said.

ムーレイさんは至急動物病院に連絡したそうなのですが、緊急料金の$150を払わないと駄目などと4人の獣医が受付を拒否したそうで、5人目の獣医さんが受け入れてくれたそうです

Ms Mulley rang four veterinarians who told her they would not see Possum unless they received a $150 emergency call-out fee.
"One vet told me if I didn’t take him to the vet ASAP, they would have me fined for trying to clean him up myself,’’ she said. "I spent the whole night crying because I thought my baby was going to die."
ポッサム君はおそらく前の週の金曜から火曜の間に罠で捕らえられ、繰り返し顔と頭をエアガンで撃たれたとみられています

Two-year-old pet cat Possum is believed to have become ensnared in a cat trap in Portsmith before being repeatedly shot in the face and head some time between Tuesday and Friday last week.

ムーレイさんはポッサム君の頭に入った弾(pellets:ペレット)を5つ除去できたそうで、3/2(記事では今日)に手術ペレットを15個取り除いたそうです

Ms Mulley was able to remove five pellets lodged in her pet's head, leaving 15 to be retrieved by surgery today.

ポッサム君の手術をした獣医のマックス・フォジャーさん(Veterinarian Max Fargher)はオペに時間が掛かかったそうですが無事終わったようです

Veterinarian Max Fargher, who is treating Possum, said the operation could take hours.
"At the moment, Possum is okay," Dr Fargher said.
"If we manage to get them all, I think he will recover well.
"It takes an hour to an hour and a half just to find one slug, just because of all the layers of tissue involved."

事件はRSPCA(王立動物虐待防止協会)より警察へ届けられ捜査しているようです

The matter has been referred to police by the RSPCA for investigation.

RSPCAのベーティさんは「これは恐ろしい行為であり、動物に対する虐待行動を増長させる行為です」と言ったそうです

"This is a horrible act and it only adds to what has been increasingly violent acts against animals," Mr Beatty said. (RSPCA spokesman Michael Beatty)

ポッサム君は診察の結果、口の中に銃口を入れて何発か撃たれた事が分かっています
恐ろしい事をする人間が居たものです

ムーレイさんは"やった人間が分かるなら同じ事をしてやりたい"とコメントがありました
当然だと思います
犯人が捕まって、こんな事件が二度と起こらないよう願います



北里大で犬猫にPET検査が国内初導入されたそうです [猫ニュース]

青森県十和田市にある北里大学獣医学部付属 小動物診療センターで、国内で初めて犬猫用の癌診断にPET(Positron Emission Tomography:陽電子放射断層撮影)検査装置を導入したそうです

200906_北里研究所_ペットにPET.jpg

PETは癌細胞が正常な細胞の3~8倍ものブドウ糖を摂取する性質を利用したもので、ブドウ糖に信号を出すポジトロンを合成したポジトロン薬剤を体内に注入し、癌細胞に集まるブドウ糖をPETで検出する検査です
正確な位置やサイズが分かり、活発な癌細胞ほどブドウ糖を使用するので癌の進行具合などが高い精度で分かります

今年(2009年)の2月より、獣医療法の施行規則が一部改正されて犬猫にもPET検査の使用が可能になり、北里大では規則改正に合わせて導入の準備を進めて3月から検査を始めたのだそうです

ポジトロン薬剤の注射以外は犬猫に負担がない上に1回の検査で全身調べる事が可能で、検査後は24時間経過すれば放射線の影響は無くなり自宅に戻れるそうです

検査費用は1回あたり約10万円だそうで、少し高いですが猫さんは高齢になると発癌しやすいですし、気になる方で資金に余裕がある方は受けられるのは良いと思います
MRIの検査も6~10万円くらいしますし、現在の適正価格ではないかと思います
北里大獣医学部の伊藤伸彦学部長は「痛みや苦しみを言葉で表現できない動物は、早期発見の為に検査が重要。PET検査の導入で、精度の高い診断が出来る」とコメントしたそうです

小動物診療センターでは獣医師と相談の上で予約を受け付けているそうです
TEL:0176-24-9436

YOMIURI OnlineペットにもPET検査…犬猫のがん診断に北里大が国内初導入

*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ

マイアミの連続猫さん殺害の犯人が捕まったようです & キリ番報告 [猫ニュース]

アメリカ マイアミ南部のカトラー湾(Cutler Bay)とパルメット湾(Palmetto Bay)で20匹以上の猫さんが皮を剥ぎ取られたり内臓を抉り出されて殺されていた事件の犯人が6月14日(日)に捕まったようです

miami_CatLiller_TylerWeinman.jpg

犯人は今年高校を卒業したばかりのタイラー・ワインマン(Tyler Weinman)18歳で、動物虐待に関する19の罪と4つの強盗罪で告発されたそうです

ワインマン容疑者は日曜日パーティーに来た所を逮捕されたのですが、5月29日にマリファナ所持で逮捕されており、既に警察の監視下にあったようです

昨年ワインマン容疑者が通っていたパルメット高等学校(Palmetto Senior High School)では猫さんの解剖を授業で行っており、この授業で解剖の知識を得たものと思われ、約2ヶ月の間に脚を切り落とした解剖して内臓を撒くなどの恐ろしい行為をしたのでしょう

ある新聞の記事には「タイラー・ワインマンが猫殺害犯なら、子供の内に動物を殺害・虐待した者は大人になると最後は殺人者になるから今捕まって良かった」みたいな事が書いてありました

If Tyler Weinman is indeed the Miami cat killer, then it is a good thing that he has been taken off the streets, for those who kill and torture animals as youngsters sometimes end up killing people when they become adults.

しかし、人の基本的な人格は6歳までに形成されます
2ヶ月間もの間に不明な子も合わせて30頭以上残虐な方法で殺害し、バレない為の隠蔽工作と思いますが、SNSのFacebook.comに作られた「Cat Killerを捕えてください!」のメンバーになっていたりと明らかな考えと意思を持った犯行と推測できる上に強盗を4件もしています
子供といっても18歳ですからもう人格形成などは出来ているでしょう
今後更生プログラムなどするでしょうがどうなる事やらです

ワインマン容疑者の逮捕で、被害エリアの猫さんオーナー達は一安心のようです
しかし、おかしな人間はまだまだ居ますし最近は増えてきているように思えます
皆さんも猫さん外に出している方は気をつけましょう

REUTERS.jp:米マイアミ警察、連続ネコ殺害の容疑者を逮捕
REUTERS.us:Suspected Miami cat killer caught, police say
DAILY NEWSTyler Weinman, 18, arrested in Miami-Dade county cat murders: Over two dozen cats found dead
ASSOCIATED CONTENT:Tyler Weinman Arrested in Miami Cat Killings
Miami Herald:Mental evaluation ordered for suspect in cat killings

それとtakemoviesさんがnice2200番目で、かなりあ猫さんが2222番目でした
ありがとうございました m(_ _)m
カードを作りましたので良かったら貰って下さい

2200niceThankYou.jpg

<takemoviesさん2200niceありがとうございました>


2222niceThankYou.jpg

<かなりあ猫さん2222niceありがとうございました>


今週は忙しくてあまり訪問も更新も出来ませんでした
すみませんです m(_ _)m

*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ

アメリカのマイアミ南部のカトラー湾(Cutler Bay)とパルメット湾(Palmetto Bay)付近で1ヶ月程前より20匹以上の猫さん切裂かれて亡くなる事件が起きているそうです

猫さんは脚や顔などを切断されてたり内臓を取り除かれたりしていて、殆どが亡くなっていたようです

パルメット湾のユージン・フリン市長(Mayor Eugene Flinn)は飼い猫さんを屋内から出さないよう警告し、犯行時刻と思われる夜半には野良猫さん達を集めるよう呼びかけているとの事で、カトラー湾のポール・ブローマン市長(Cutler Bay Mayor Paul Vrooman)は「彼らは人間に犠牲者でペットを殺された家族は深く傷付いています」とコメントしたそうです

アメリカの動物愛護団体(Humane Society of the United States)は犯人逮捕に繋がる有力な情報に$2,500(日本円で240,875円/2009/06/03時点)の報奨金を出すと発表したそうです

有力な情報が提供され犯人が捕まる事を願います


6月14日(日)江ノ島へ『犬と猫と人間と』を見に行ってきました [猫イベント]

先日の日曜日(2009/06/14)に上映された『犬と猫と人間と』を見てきました

090615_1202~01.jpg

結構早い時間に江ノ島へ行ったのですが、流石は行楽地だけあって既に人で賑わってました

当日券を買うのに並んで自主制作との事でしたので"パンプレットとかはあるのですか?"と聞いたところ"あっ?"っとデカい態度で返され、もう一方が"そう言うのはアチラにあります"と入場口を指したのですが、案の定そういったものは無く、NGO団体の態度に呆れて入場しました

作品は犬猫の殺処分に関するものがメインで、保健所(保護センター)の現状やNPOの愛護団体の活動などや、他に徳島の民間の女の子達が捨てられていた子犬を保護し、保健所に捕まると殺されてしまうと皆でお小遣いを出し合って匿っていた話もありました

保健所で殺される犬猫の殆どは人に飼われていたもので、子供が産まれたから処分しに持ってきた、引越すから処分してくれなどの理由が殆どです
虚勢・避妊手術も生物としての条件を奪ってしまう訳けですから良い事ではないとは思います
しかし、人間の世界で生きるには人間の都合に合わせた条件にしなくては生きていけない悲しい現実をこの映画は語っていました
渋谷のユーロスペースで2009年10月からロードショー公開されるそうです
機会があったら見てみてください
多くの人に見て欲しいと思える作品です



ローポジション:「犬と猫と人間と」
blog 映像グループ ローポジション
ユーロスペース

映画の帰りに江ノ島を回って猫さん探索しました

090614_1308~01.jpg

この猫さんは喧嘩したらしく右頬がベロリと捲れていました

呼んでも怪我の所為か怖がっているようで来てくれなかったです


090614_1341~01.jpg

090614_1356~01.jpg

その後江ノ島の御伊勢様に登って御参りしてきました


090614_1404~01.jpg

ネコ募金があったので小額ですが募金してきました


20090614_江ノ島に居た猫さん.gif

途中の脇道に堂々と寝ていた猫さんを発見し、撫で撫でして写真を撮らせて頂きました


090614_1646~01.jpg

20090614_鎌倉大仏.gif

その後は鎌倉へ移動して"鎌倉ねこや"さんや鎌倉大仏の高徳院を回って帰りました

野良さんは厳しい環境で生きてます
もう少し優しく広い心で接せる人が増えてくれたらと願います

*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ


<犬と猫と人間と>

この映画は自主制作の映画で、稲葉恵子さんという猫好きな女性が「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから生まれたそうです
頼まれた飯田監督は犬猫問題は全く知識が無かったそうで、それでも稲葉さんは飯田監督を信じ、制作費を出す一方で内容は全て監督にお任せしますとお願いしたそうです
飯田監督は全国のワンちゃん猫さん達の様々な現場やイギリスなどを巡り、制作に4年近くかかったそうです
内容はワンちゃん猫さん達の可愛い姿だけでなく、保健所などで殺処分される子達や、捨てられた子達を救おうとしている人達などのドキュメンタリー作品(118分)なのだそうです

自分には関係ないとか興味が無いと言う方も居るとは思いますが、そういう方達にこそ観て頂きたい作品だと思います

今年(2009年)の1月と2月に東京都内で上映していたそうなのですが僕は知りませんでした
次回6月14日(日)に神奈川の江ノ島で上映されるそうですので、遠いですができれば行きたいと思ってます

『犬と猫と人間と』上映日程
上映日:2009年6月14日(日)
時間 午前:開場 10:00 上映:10:30~
 午後:開場 13:30 上映:14:00~
場所:県立かながわ女性センター ホール(江ノ島)入場料:前売り 1,000円
当日 1,200円(高校生以下 800円)
主催/問合せ:かながわ女性会議(かながわ女性センター内)
Tel&Fax:0466-27-4089
eメール:info@kanagawa-josei-kaigi.org

ローポジション:「犬と猫と人間と」
blog 映像グループ ローポジション
かながわ県立女性センター:アクセス



ペットの火葬で火葬車をしようした悪徳業者の問題が増えているそうです [猫ニュース]

近年ペットブームでペット人口が増えた事に目を付けた悪徳業者によるトラブルが増えているようです

200906_ペット火葬車.jpg

火葬炉を搭載した車でペットの訪問火葬を行う移動火葬業者が、焼き始めてから最初に提示した金額より遥かに高額な金額を請求するといったトラブルが増えているようで、法外な料金請求を断ると「生焼けで返すぞ!」や「料金を払うまで遺体を返さないぞ!」などと脅してくるのだそうです

ペットの火葬については昔から問題があり(昔はペットに葬儀を出す方はかなり裕福で狙われやすかった)、ペットロスで傷付いて弱い状態につけ込み、大事な子の遺体を楯にするトラブルをよく聞きます

「日本ペット訪問火葬協会」によると「1989年に初めて火葬炉を積めるように改造した移動火葬車が登場。ペットブームに伴って、ここ数年、急速に認知され始めた」との事で、火葬車は資格が無く誰でも購入できてしまい中古やオークションで手に入れる事ができて無法状態なのだそうです

2006年には名古屋で暴力団組員のリンチ殺人事件の死体処理に移動火葬車が使われていたそうで、犯罪に使われやすい状態です
設備があっても扱う人間に資格無く使用できる現状が招いた惨事ですね
火を扱うのですから火葬を行う際に消防法などで取り締まったり、資格は必要だと思います
(人間の葬儀は厚生労働省の認可が必要)

葬儀を業者に頼む際は、"総額の確認""金額に変更は無いか""オプションなど勝手に付けて水増ししてないか"は確認して、当日などに水増しや脅迫があった場合は直ちに警察に通報するようにしましょう

大事なペットを送る日に汚すような行動は腹が立ちます
もし葬儀を考えている方はこんな事もあると頭に入れておいて気をつけるようにしてください

ZAKZAK:「生焼けで返すぞ」悪徳ペット火葬業者トラブル急増!
ネタりか:「生焼けで返すぞ」悪徳ペット火葬業者トラブル急増!
iza:「生焼けで返すぞ」悪徳ペット火葬業者トラブル急増!
アメーバニュース:悪質ペット火葬業者のトラブル急増「遺体持って帰れ」

*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ

アメリカ カンザスで年老いた母猫さんの代わりに4匹の子猫を育てる母犬さんが居るそうです [猫ニュース]

アメリカ カンザスに住むキャシィ・シェードさん(Kathy Scheid)が飼われているワンちゃんが年老いた母猫さんの代わりに子育てをしているそうです

200906_アメリカ_カンザス_シシーちゃん.jpg

このワンちゃんは4歳のメスのペキニーズで、名前を"シシー"(Sissy)ちゃんと言うそうで、以前から猫さん達と仲が良かったそうです

お母さん猫のグレイ(Gray)は4匹の仔猫を面倒見るにはあまりにも高齢だったそうで、シシーちゃんが仔猫達を舐めたり添い寝したりして面倒を見始めたそうで、2日目にシシーちゃんは子供を産んだ事が無いそうなのですがミルクが出るようになったのだそうです

生物学的には数百の鳥類と哺乳類は、稀に別の若い動物(別種)を受け入れて育てる事があるそうです

シシーちゃんは母性の強い子なんですね
いつか自分が産んだ事仲良く暮らしていけたらいいですね


-------------------------------------------------------------------
You often hear about fighting like cats and dogs, but it's just the opposite at one Kansas home.

This pooch and her four kittens know no species barriers when it comes to love.

Gray is an old cat who is too weak to raise her litter of kittens alone. So Sissy, her friend and a Pekingese dog, stepped up to the plate.

"I knew she'd take care of them because she plays with the other cats and licks them, but when she came in to milk, I didn't expect that," said Kathy Scheid, the pets' owner.

The four year-old old dog started nursing the kittens, hiding them protectively underneath her while they slept.

"She will cry if she doesn't sleep with them so now we just let her," said Sneid.

After spending just two short days with the kittens, Sissy actually started having milk.

"It kind of surprised me because she's not had a litter of pups herself, never been a mother, so it kind of surprised me," said Tony Scheid, Kathy's husband.

Adoption is not just a quirk among human beings. Scientific research has shown that several hundred bird and mammal species take in and raise another animal's young.

"I suspected it was going to happen with the dog, i've seen it happen before, it's not uncommon," said Tony Scheid.

Until this pooch has offspring of her own....she'll be happy taking care of someone else's babies.
-------------------------------------------------------------------
ペット大好き!WorldPetNews:◆米国 4匹の子猫を育てる「母犬」が話題に
Clip Syndicate:Dog Nurses Baby Kittens
wibw.com:Dog Mothers Kittens
*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ



仔猫の面倒をみるワンちゃん達
沖縄本島の西原町掛保久にある中古車販売店の敷地内に仔猫にお乳を与えて育てたワンちゃんが居るそうです

仔猫にお乳を与えていたのはメスのワンちゃんのリンリンちゃん(年齢は不明)で、中古車販売店を営むマッパーラ・ジェームソンさん(47)が知人からオスのクッキー君と一緒に譲り受けて飼い始めた子なのだそうです

約1年程前からメスの野良猫のミンミンちゃんが住み着くようになり、2~3ヶ月後にミンミンちゃんが仔猫3匹を産むと、リンリンちゃんとクッキー君は嫌がる事無く一緒に寝たり食事をしたりして生活していたそうなのですが、1ヶ月くらいするとミンミンちゃんが仔猫の授乳を嫌がり拒否し始めたのだそうです

1ヶ月の赤ちゃんではまだミルクが必要です
状態が心配されていたのですが、ある日リンリンちゃんにじゃれ付いている仔猫達がリンリンちゃんのお乳を吸っていたそうで、妊娠も出産もしていない状態のリンリンちゃんから母乳が出ていたそうです

仔猫達はリンリンちゃんのお乳を飲んで無事成長して元気に走り回っているようで、ジェームソンさんは「イントゥマヤー(犬と猫)は相性が悪いと想像しがちだけど不思議。弱いものを守ろうとする姿勢が素晴らしく感動的だ。世界もこのように平和になって欲しい」と語ったそうです
リンリンちゃんきっと母性が強い子なのでしょうね
時々妊娠していない(経験も無い)子でも母乳が出て与えたという話を聞きます
人間もこういう優しさを見習いたいですね

------------------------------------------------------------------
◎島根県の松江市に住む笠巻一枝さん(43)が飼っているオスのキャバリア(スパニエル系の小型犬)のペロちゃん(生後10ヶ月)が飼い主さんと一緒に生後約1ヶ月の子猫4匹の世話をしているそうです

子猫達は5月(2009年)の半ば頃に出雲市内で捨てられていたのを動物愛護団体「松江犬猫の会」が保護して一時預かりのボランティアをする笠巻さん宅に預けられたのだそうです

笠巻さんが仔猫達にミルクをあげたり脱脂綿で拭いて排泄させたりしていると、気弱で甘えん坊なペロちゃんが子猫達のお尻を舐めて排泄を促したり、毛繕いや歩き回る子を鼻で押し戻したりと世話を始めたそうで、笠巻さんは最初子猫達に怪我させてしまうのではと心配したそうですが、今では子育てが板について安心して任せているそうです

子猫達は今月(2009年6月7日)開かれる「松江犬猫の会」の譲渡会で新しい飼い主さんを捜す予定だそうです

ペロちゃん、自分より小さく弱い存在を見て何とかしなきゃって思ったのでしょうね
優しい子です
近年の人間はこういった優しさを持つ者が減っているように思えます
ペロちゃんを見習って欲しいですね

仔猫達いい飼い主さんに出会えますように

*********************************************************


ニューヨークの高層アパートの32階から6階のバルコニーに転落した猫さんが軽度のケガで助かったそうです [猫ニュース]

ニューヨーク マンハッタンの高層アパート32階から26階下にある6階のバルコニーに転落した猫さんが軽度の怪我で助かって話題となっているようです

200906_NewYork_Lucky.gif

今年5月初旬に(2009年5月)32階に住むケリ・ホステトラーさん(Keri Hostetler)さんが換気の為に部屋の窓を少し開け、下にあるクリーニング店に来店したお客さんを相手する為に降りていったところ、3歳になる灰と黒のストライプ(トラ柄)を持つオス猫のラッキー君(Lucky)がいなくなっていたそうです

Keri Hostetler, who lives in a 32nd floor apartment with Lucky, left a window open a mere six inches when she left the apartment to do her laundry, reports ABC News.
But it was enough for Lucky to squeeze through to explore what was on the other side --- a slim ledge and air. Nothing but air!

探していると向かいのビルの窓拭き清掃員(Window washers)が26階下の6階のバルコニーに落ちるのを見ていたそうで、清掃員は心臓が止まるかと思ったそうです

Window washers across the street took pictures of the whole heart-stopping incident, including Lucky free-falling for 26 stories before landing on his feet on the sixth floor balcony of an apartment below.

ラッキー君はニューヨークの動物病院に急送されたそうですが、奇跡的に軽症で済んでいたそうです

名前の通りラッキーな猫さんですね
人間なら助からなかったと思います

高層ビルで犬猫を飼われる方は網戸なりの予防と心掛けが必要ですね

ABC News:Cat Falls 26 Stories, Lives to Purr Again
ペット大好き! WorldPetNews:◆米国 26階から転落して助かったラッキーな猫ちゃん
examiner.com:'Lucky' the cat falls 26 stories, lands on feet and walks away --- why cats can do that (SLIDESHOW)
Gothamist:Lucky The Lucky Cat Continues To Fascinate


*********************************************************
良かったら"ちび"君に拍手を下さい m(_ _)m







*********************************************************
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ

オーストラリアで34階から落ちで無事だった猫さんがいるそうです
オーストラリア クイーンズランド州東部のゴールドコーストで、高層マンションの34階から落ちた猫さんがかすり傷で助かったそうです

34階の窓から落ちて助かった猫さんはマンクスのブードゥー(Voodoo)君7歳で、飼い主のシェリー・ワシントン(Sheree Washington)さんの旦那さんのウエイン(Wayne)さんが夕食後の21時頃ブードゥー君が居ない事に気付き、一緒に数時間探したそうなのですが見付からなかったそうです

仕方なくam1時にベッドに入り、最悪の事態を考え気の重い夜を過ごしたそうですが、翌朝1階に下りてみるとブードゥー君が藪(bush)の下に居たそうです
シェリーさんは藪がブードゥー君を救ったに違いないと考えたそうで、マンション下にある木の枝がブードゥー君の通ったと思われるように折れていた事からも枝や茂みがクッションになり衝撃を和らげたのではないかと考えられます

シェリーさんがキャリーバッグ(cat box)を出すと、いつもなら何処へ連れて行かれるか分かっているので隠れてしまうのに真っ直ぐ飛び込んできたそうで、そのまま獣医さんの所へ連れて行って診察して貰うと引っ掻き傷などの軽い怪我だけだったそうです

ブードゥー君はベランダで遊ぶのが好きだったようですが、猫さんは高い所が好きと言っても、10mを超すと人間と同じ様に体が竦んだり目眩いを起こす事があります
マンションの落下事故では7階前後が一番死亡率が高いのですが、9階以上になると少し生存率が高くなるそうで、これは高さが増える分滞空時間が長くなり、四肢を広げ体制をとる(空気抵抗が大きくもなる)事が出来るからという説もあります

記録ではニューヨークで64階から落ちて生還した猫さんが居るそうですが必ず生き残る保証はありません
猫さんは好奇心が旺盛な動物です (個体にもよりますが)
高層マンション等でペットを飼われている方は注意が必要ですね
トイレの窓など、ちょっと閉め忘れたりしていると猫さんは窓の向こうの世界は知らずに飛び出して落ちてしまう事もありますから


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。