So-net無料ブログ作成
検索選択

東京の江戸川区で衰弱して車道をふらついていた盲目の猫さんが保護され、殺処分されないよう“命のリレー”で助けられたそうです [猫ニュース]

3月12日(木)の午前に西葛西(東京都江戸川区)の車道を両目も見えず衰弱してふらついていた1匹の年老いた猫さんが保護されたそうです

200903_東京都江戸川区_盲目の迷い猫_.jpg

西葛西の船堀街道沿いにある配管修理会社の男性社員が窓の外にいるアメショーの猫さんに気付いたそうで、ちょうど走ってきたトラックが気付いて止まり、運転手さんが安全の為に公園へ連れて行ったのですが、猫さんはまた車道に出ようとしたので、配管修理会社の男性の同僚 佐治美和子さん(45)が事務所に猫さんを連れて行ったそうです

猫さんは毛は汚れ痩せこけていたそうで、ご飯をあげると凄い勢いで食べたそうです
佐治さんは動物愛護協会や都環境衛生課の動物管理係に電話をしたり、近所の「とおやま犬猫病院」に休診日(木曜)のところをお願いして診察して貰い、都の動物管理課は「江戸川区南部地区ペットクラブ連絡会」の柏木勇会長に連絡して、会内の愛猫家グループ「ネコの会」の平井比佐子代表が病院へ行ったそうです

診察によると猫さんは推定10歳以上のメスで両目は視神経の炎症で最近失明した事が分かったそうで、レントゲン検査で左の肋骨5本に骨折跡が見つかったのだそうです
とおやま犬猫病院の遠山和人院長は「体の柔らかい猫が5本も骨折するのは不自然。虐待の疑いもある」と話していたそうです

引き取り手がないと殺処分されてしまうので平井代表が翌日13日 千葉県柏市に住む愛猫仲間の大森千代子さん(63)にお願いしたところ快諾してくれ、猫さんは大森さんに引き取られる事になり、猫さんは「ネコの会」の松本トミカさん(66)がしばらく預かり22日の午後に大森さんへ渡されたそうです
柏木会長は「平井さんも含め、誰か1人でもいなかったら、猫の命は助からなかった」と話し、大森さんは「せっかく助かった命。最期まで幸せに暮らして欲しい」と話しているそうです

関わった全ての方々が猫さんを本気で助けたいという想いが繋がったのでしょうね
それにしても10歳で障害がある子が野良でやっていける事はまず考えられないです
誰かが引っ越すから、飽きたからなどの理由で捨てたか眼の病気で捨てたなどでしょう
目もよく見えないで彷徨っている間に蹴られたり虐待にあったと考えられます
猫さんこれからは幸せに暮らして欲しいです

YOMIURI Online盲目の猫救う“命のリレー”つながる、「最期まで幸せに」
とおやま犬猫病院

090320_0000~01.jpg
幸せにね

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ



両目の視力を失った猫さんが2匹の子猫を母親のように面倒見ているそうです
眼の見えない猫さんが引き取り手を探すイベント(pet adoption event)で、2匹の子猫が鳴いているのを聞きつけ、母親のように世話を始めたそうです

両目の視力を失った猫さんはクーガーちゃん(Cougar)ちゃんという名前で、元野良の保護された猫さんだそうです
クーガーちゃんはユージン市(Eugene)で保護された時、栄養失調で妊娠していおり片目だったそうで、レーン郡(Lane County)のアニマルサービスで治療を受けたそうです
Her story begins in northwest Eugene where Animal Control picked her up. She was malnourished, pregnant and only had one eye. In other times she may have been put down, but Lane County Animal Service fixed her up.

クーガーちゃんは検査の為に獣医さんに送られ診察を受けたところ片目は先天性欠損症だったようで、2つ目の眼も医術の状況(おそらく技術的なもの)により取り除かなくてはならなかったそうです
She was sent to a veterinarian for an exam. The vets determined a birth defect left Cougar with one eye -- and now her second would have to be removed due to medical circumstances.

レーン郡アニマルサービス(LCAS)は西海岸ドッグ&キャットレスキューに採用させるため獣医さんにクーガーちゃんの処置をしながら卵巣の摘出手術をしたそうです
During her treatment, vets spayed her, too. Then LCAS teamed up with West Coast Dog and Cat Rescue to get her adopted.

治療後クーガーちゃんはペット引取りイベントに送られ、リサ・ウォールさん(Lisa Wall)とリサさんが育てた2匹の子猫と出会ったのだそうで、クーガーちゃんは2匹の子猫が鳴いているのを聞きつけやって来たとウォールさんは言っていたそうです
After healing ,she was sent to a pet adoption event, which is where she met Lisa Wall and two kittens she was fostering.
"She heard them crying and came looking," Wall said of what happened when Cougar met the young kittens.

ウォールさんがキャリーを開けるとクーガーちゃんはキャリーに飛び込んで子猫達をキレイにし世話を始めたのだそうで、ウォールさんは、クーガーちゃんの引取りを申し出て、現在3匹はグレンウッド(Glenwood)のウォールさんの家に住んでいるのだそうです
"I opened the carrier, and she jumped right in and started cleaning them and taking care of them," Wall said of Cougar's immediate reaction when she came upon the kittens.
And after Cougar wouldn't leave the kittens, Wall asked to foster Cougar, too. Now all three cats live at Wall's home in Glenwood.

ウォールさんはクーガーちゃんは驚くくらいよく歩き回るそうで、まるで見えているかのように玩具で遊んだりもするそうです
Without the ability to see, Cougar is able to get around surprisingly well, Wall said.
"It's hard to believe she can't see," Wall said. She plays with cat toys just like any other cat, although most are sound based.

クーガーちゃんは家の中を優雅に歩き回っているそうでウォールさんはクーガーちゃんがぶつかったり何かトラブルがあるのを見たことが無いそうで、時々クーガーちゃんの視線さえ感じる事があるのだそうです
Cougar moves gracefully around the house, slowly but surely, Wall said. She hasn't seen Cougar bump into anything or have any trouble getting around. "Sometimes I even feel like she is looking at me!" Wall said.

クーガーちゃんはまだ引き取り手を募集しているのだそうです
Cougar is still up for adoption.

クーガーちゃんまだ引き取り手を募集ってウォールさんは飼う気がないのでしょうか?
結構取り上げられているようで色々なメディアに映像がありましたが、眼が無い状態で遊んでましたね
きっと眼はだいぶ前から見えなくて感覚が鍛えられたからだと思います
幸せに暮らしていけるといいですね



ニューヨークで近所の大人しい猫さんをアパートの空き室に連れ込み油をかけて火をつけた少女2人が逮捕されたそうです [猫ニュース]

アメリカ ニューヨーク市ブルックリン区でアパートの空き室に侵入し、連れ込んだ猫さんを押えつけキャンプの炭にかける液体燃料をかけて火をかけた少女2人が逮捕されたそうです

amd_scruffy_cat.jpg

犯人は何れも10代の少女で、アンジェロモンダロイ(Angelo Monderoy)18歳とマシュークーパー(Matthew Cooper)17歳の二人は近所で可愛がられている1歳の猫さん(a 1-year-old tabby)をアパートの空き室に不法親友で連れ込み、キャンプで炭に使用される液体燃料をかけ火を点けたのだそうです

猫さんは筋肉にまで達するレベル4の酷い火傷(レベル4が最高)で獣医さんは猫さんを安楽死させたそうです

アンジェロモンダロイは他にも同じアパートの高齢の男性宅に押し入り、杖を奪いその杖で叩いて金品を要求した事も発覚しており、彼女達は放火・強盗・動物の虐待などの告訴で最高懲役25年の判決が予想されるそうです

------------------------------------------------------------------------
Two teenagers were charged on Thursday with breaking into a vacant apartment in Crown Heights, Brooklyn, and setting a cat on fire, the authorities announced.

The teenagers, identified as Angelo Monderoy, 18, and Matthew Cooper, 17, face charges of second-degree arson, second-degree burglary and aggravated animal cruelty. If convicted, they could each face up to 25 years in prison.

The authorities said the teenagers broke into a second-floor apartment at 1933 Union Street, near Lincoln Terrace Park at the eastern edge of Crown Heights, near the border with Brownsville, on Oct. 7. The office of Charles J. Hynes, the Brooklyn district attorney, said in a statement:

The indictment charges that the defendants brought the cat into the apartment, held the cat down and poured charcoal lighter fluid in it. They then set the animal on fire, causing deep wounds and fourth-degree thermal burns. They also caused damage to the apartment, which is in an occupied building.

The cat was later “found outside crying, unable to move, but still alive,” the statement said. It was taken to an animal hospital with severe burns, and was put to death.

The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals conducted the investigation that led to the teenagers’ arrests. Stacy Wolf, chief legal counsel of the organization’s Humane Law Enforcement Department, announced the charges, along with Mr. Hynes.

Mr. Cooper, the younger teenager, was also recently charged with first-degree burglary and second-degree assault in an an unrelated episode in the same building, the authorities said. In that case, he and another defendant were “charged with breaking into an apartment and beating the tenant with a cane, while the victim lay in bed, asleep, and then demanding money,” prosecutors said.
------------------------------------------------------------------------
彼女達は酷い人間です、25年くらいでは軽い気がします
ハムラビ法典なら、火炙りか棍棒での撲殺でしょう
よく動物虐待などをして自分生い立ちや酷い経験を理由にしている人間が居ますが、そんなものは理由にはならないし、した行動の責任が無くなる訳ではないです
そして人間を信じた猫さんに油をかけ火を放った行いは信頼を裏切る非道なものです
世の中の理(ことわり)は形などを保とうとしていると僕は考えてます
質量保存の法則のようにあるものは形を変えるだけであって実質は変わらない、物がぶつかれば対象物と同じ衝撃がぶつかった物にもあり、行動も同じようにした事はその分自分に返ってくると思っています

自分のした行動を理解して悔い改めて欲しいと思います
亡くなった猫さんは人が好きな子のようでした
ピュアなまま成仏できますように

AFP BB News生きたネコに火をつけた10代少女2人を起訴、禁固25年の可能性も
DAILY NEWSTeens accused of torturing beloved neighborhood cat in Brooklyn; animal put to sleep after burns
ニューヨークタイムズ(N.Y./REGION):Two Teenagers Charged With Setting Cat on Fire
FOX NEWS:Teens Could Spend 25 Years in Prison for Allegedly Torturing Cat, Setting It on Fire
Gothamist:Seriously Sick Teens Charged With Setting Cat On Fire

090127_2009~01.jpg
なんでそんな事するの?

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ


和歌山県の貴志川線で"たま電車"が3月21日(土)に運行開始したそうです [猫ニュース]

和歌山電鉄 貴志川線の「たま電車」(2両編制)が2009年3月21日(土)に運行を開始したそうです

たま電車(20090321-826865-1-N).jpg

たま電車はたまちゃんの101種のイラストや車内の内装も猫さんの足跡が描いてあったり猫型ランプやたま文庫など、たまちゃん尽くしな仕上がりですね

伊太祈曽(いだきそ)駅で「デビュー式典」が開かれ、式典には たま駅長も出席して、見に来た方は約2500人も居たそうです

一時は廃線の危機だった貴志川線がここまで人気のスポットになるなんて、たまちゃんのお陰ですね
たまちゃん本当に招き猫です

リビング和歌山:たま電車で行く春の貴志川線
YOMIURI Online「たま電車」いよいよデビューだニャー…和歌山電鉄
よみうりテレビ News&Weather:和歌山:「たま電車」がデビュー
FNN:和歌山電鉄貴志駅の駅長・三毛猫のたまをモデルにした「たま電車」がデビュー
msn産経ニュース駅長マント姿で出席 「たま電車」デビュー式典

090322_2014~01.jpg
見に行きたいな~

にほんブログ村 猫ブログへ




両目の視力を失った猫さんが2匹の子猫を母親のように面倒見ているそうです [猫ニュース]

眼の見えない猫さんが引き取り手を探すイベント(pet adoption event)で、2匹の子猫が鳴いているのを聞きつけ、母親のように世話を始めたそうです

200903_アメリカ_オレゴン州_クーガーちゃん01(090303cougar_closeup).jpg

両目の視力を失った猫さんはクーガーちゃん(Cougar)ちゃんという名前で、元野良の保護された猫さんだそうです

クーガーちゃんはユージン市(Eugene)で保護された時、栄養失調で妊娠していおり片目だったそうで、レーン郡(Lane County)のアニマルサービスで治療を受けたそうです

Her story begins in northwest Eugene where Animal Control picked her up. She was malnourished, pregnant and only had one eye. In other times she may have been put down, but Lane County Animal Service fixed her up.

クーガーちゃんは検査の為に獣医さんに送られ診察を受けたところ片目は先天性欠損症だったようで、2つ目の眼も医術の状況(おそらく技術的なもの)により取り除かなくてはならなかったそうです

She was sent to a veterinarian for an exam. The vets determined a birth defect left Cougar with one eye -- and now her second would have to be removed due to medical circumstances.

レーン郡アニマルサービス(LCAS)は西海岸ドッグ&キャットレスキューに採用させるため獣医さんにクーガーちゃんの処置をしながら卵巣の摘出手術をしたそうです

During her treatment, vets spayed her, too. Then LCAS teamed up with West Coast Dog and Cat Rescue to get her adopted.

治療後クーガーちゃんはペット引取りイベントに送られ、リサ・ウォールさん(Lisa Wall)とリサさんが育てた2匹の子猫と出会ったのだそうで、クーガーちゃんは2匹の子猫が鳴いているのを聞きつけやって来たとウォールさんは言っていたそうです

After healing ,she was sent to a pet adoption event, which is where she met Lisa Wall and two kittens she was fostering.

"She heard them crying and came looking," Wall said of what happened when Cougar met the young kittens.

ウォールさんがキャリーを開けるとクーガーちゃんはキャリーに飛び込んで子猫達をキレイにし世話を始めたのだそうで、ウォールさんは、クーガーちゃんの引取りを申し出て、現在3匹はグレンウッド(Glenwood)のウォールさんの家に住んでいるのだそうです

"I opened the carrier, and she jumped right in and started cleaning them and taking care of them," Wall said of Cougar's immediate reaction when she came upon the kittens.

And after Cougar wouldn't leave the kittens, Wall asked to foster Cougar, too. Now all three cats live at Wall's home in Glenwood.

ウォールさんはクーガーちゃんは驚くくらいよく歩き回るそうで、まるで見えているかのように玩具で遊んだりもするそうです

Without the ability to see, Cougar is able to get around surprisingly well, Wall said.

"It's hard to believe she can't see," Wall said. She plays with cat toys just like any other cat, although most are sound based.

クーガーちゃんは家の中を優雅に歩き回っているそうでウォールさんはクーガーちゃんがぶつかったり何かトラブルがあるのを見たことが無いそうで、時々クーガーちゃんの視線さえ感じる事があるのだそうです

Cougar moves gracefully around the house, slowly but surely, Wall said. She hasn't seen Cougar bump into anything or have any trouble getting around. "Sometimes I even feel like she is looking at me!" Wall said.

クーガーちゃんはまだ引き取り手を募集しているのだそうです

Cougar is still up for adoption.

クーガーちゃんまだ引き取り手を募集ってウォールさんは飼う気がないのでしょうか?
結構取り上げられているようで色々なメディアに映像がありましたが、眼が無い状態で遊んでましたね
きっと眼はだいぶ前から見えなくて感覚が鍛えられたからだと思います
幸せに暮らしていけるといいですね

KATU.COM:Eyeless cat cares for motherless kittens
KATU.COM:Eyeless cat cares for motherless kittens(動画)
cbs2.com:Blind Cat Named Cougar Adopts Babies, Needs A Home
Web-Tab:両目の視力を失ったネコ、“母親代わり”に毎日大忙し−米国

090315_0310~01.jpg
頑張るんだよ!

にほんブログ村 猫ブログへ



アメリカ ワシントン州で中古で買ったソファの中から三毛猫さんが出てきたそうです [猫ニュース]

アメリカ ワシントン州スポーケンに住むビッキー・メンデンホールさん(Vickie Mendenhall)の部屋から猫さんの鳴き声が聞こえるようになり、数日間調べたところ中古で買った$27のソファから三毛猫さんが発見されたそうです

200903_America-Washington-Spokane_Callie01.jpg

ボーイフレンドのクリス・ランドさん(Chris Lund)が火曜の夜にソファに座ってテレビを見ていると何かがソファの中を移動するのを感じてソファを持ち上げて調べたら猫さんが発見されたのだそうで、ソファの底に小さな穴が開いていて其処から入ったのでは?とみれらているようです

The Spokesman-Review reported that her boyfriend, Chris Lund, was watching TV on Tuesday night and felt something move inside the couch. He pulled it away from the wall, lifted it up and found the cat, which apparently had crawled through a small hole on the underside.

メンデンホールさんはソファを購入した店に連絡したのですが、店側は元の持ち主は分からないと言われ、自分の職場の動物シェルターに連れていき、ケアをして猫さんを回復させて飼い主が見付かるかもしれないとメディアアウトレットへ連絡したそうです

Mendenhall contacted the store where she bought the couch, but it had no information on who donated it. So she took the cat to the animal shelter where she works, so it could recover, and contacted media outlets in hopes of finding the owner.

すると同じスポーケンに住むボブ・キリオンさん(Bob Killion)から「ソファを2月19日に店に寄付したけど、その頃から9歳になる猫のキャリー(Callie)が消えたんだ」と連絡が入り、木曜日に引き取るためにやってきたそうです

Sure enough, Bob Killion of Spokane showed up to claim the cat on Thursday after an acquaintance alerted him to a TV story about it.

「Killion had donated a couch on Feb. 19, and his 9-year-old cat, Callie, disappeared at about the same time.」

200903_America-Washington-Spokane_Callie02.jpg

キャリーちゃんは見付かった時とても空腹でメンデンホールさんが出したご飯をあっという間に食べたそうです
きっといつも隠れんぼしていて運び出される時、揺れたでしょうからジッとしていたのでしょうね
ソファを買った方が親切な方で良かったです
飼い主さんの元にも無事戻れて良かったです

excite.ニュース中古ソファの中に三毛猫が……
msnbc.com:Sofa surprise: Cat found inside $27 used couch
msnbc.com:動画
TBO.com:Woman finds hungry calico cat hiding in $27 couch

090310_2308~01.jpg
隠れ家ごと売っちゃうなんて酷いよ…

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ


ヨルダンで交通事故で母犬を亡くした子犬を猫さんが自分の子猫と一緒に育てているそうです & キリ番報告 [猫ニュース]

ヨルダンの首都アンマンに住むムハマド・アル・ハンモーリさん(Mohammad Al Hammouri)は猫さんとテリアのワンちゃんを飼っていたそうですが、猫さんが2匹ワンちゃん4匹赤ちゃんを産み、その2日後に自宅前でスピード違反の車にワンちゃんが轢かれて亡くなってしまい、残されたワンちゃんの赤ちゃんを自分の赤ちゃんと一緒に育てているそうです

Jordan_CatMother.gif


猫さんとワンちゃんは2月14日のバレンタインデーに赤ちゃんを産んだそうで、飼い主のアル・ハンモーリさんはワンちゃんが亡くなった時どうしたら良いか分からず隣人に相談して任せたのですが、哺乳器で飲ませようとしても上手くいかなかったそいうです

Al Hammouri said that when the dog died, his neighbour didn’t know what to do with the puppies and handed them over to him. “At first, my neighbour tried to bottle-feed them but it did not work out.”

アル・ハンモーリさんは猫さんが赤ちゃんワンちゃんのお母さんになれる気がして猫さんにワンちゃんの赤ちゃんを預けたところ、約5分間1匹の臭いを嗅いで受け入れ、他の3匹も受け入れてくれたそうです

Al Hammouri had a feeling Smegil would be a suitable mother to the puppies and to his delight Smegil took to the puppies as her own. “The cat smelt one puppy for five minutes before taking it under her wing,” said Al Hammouri, adding that the other three were also welcomed after a brief interaction.

猫さんは赤ちゃんワンちゃんに誰かが近付くと怒るそうです

He said the cat hisses at anyone who approaches the puppies.

猫さん交通事故お母さんを失ったワンちゃんの赤ちゃん達を自分の子のように育てているんですね
ヨルダン_子犬育てる猫さん06.jpg

事故で亡くなったワンちゃんは残念でしたが、残された赤ちゃん達が幸せそうで良かったです
これからもみんな仲良く暮らして欲しいですね

msn産経ニュース【アニマル大集合】キミは犬派・猫派? エッ、両方だって?
XPRESS:Puppies lose mother, cat adopts them

それとBlackTigerさんnice1600番目でした
ありがとうございます m(_ _)m
カードを作りましたので良かったら貰って下さい
1600ThankYou.jpg


にほんブログ村 猫ブログへ


中国の北京で生活が苦しくなり飼っていた猫さん41匹の引き取り手を募集している方が居るそうです [猫ニュース]

中国の北京で41匹の猫さんと暮らしていた女性が財政難より猫さんの引き取り手を捜しているそうです

中国_北京_猫さん41匹引き取り手募集.jpg

2009年2月21日に北京で41匹の猫さん暮らす女性が、経済不況の影響で商売が思うようにいかなくなり、猫さん達の餌を買う事も難しくなって泣く泣く引き取り手を捜しているのだそうです

この女性は5年程前から捨て猫を拾って養っていたそうで、近所から苦情が出ないよう早朝は進んで道路掃除をしたり、消毒液を撒いたりして衛生に気を配っていたそうです

中国はペットを飼うのに高額な登録料(北京で1頭辺り5,000元)や税金がかかります
中国の年収は農村で約5,000元、都心部の一般企業に勤める人で15,000~20,000元(30,000元くらい貰っている方も居るそうです)となっていて、ペットを飼う人は裕福な方か無許可の人です

※1元は15円前後です

そんな中で正規に許可を取り、捨て猫を引き取って育てていたこの方は優しい方なのでしょう
写真を見る限りでは、この女性も猫さん達も幸せそうな顔をしているように見えます
何の仕事かは分かりませんが、商売が軌道にのって、また一緒に暮らせるようになって欲しいですね

Record China<ネコ御殿>41匹の引き取り手募集中、生活苦で―北京市

090310_2311~02.jpg
またみんな一緒に暮らせるといいね

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ



アメリカのテキサス州サンアントニオで木の柱から降りられなくなった猫さんが助け出されたそうです [猫ニュース]

アメリカ合衆国テキサス州のサンアントニオ市で木の柱の上で降りられなくなっていた猫さんが、電力会社の高所作業車により丸1日ぶりに助け出されたそうです

アメリカ_テキサス_電柱猫さん救助.jpg

日曜の午後に近所の方が木の柱から降りれなくなっている猫さんを発見して色々なところに救助の連絡したそうなのですが誰も対応してくれず、月曜日に311へコールして電力会社の高所作業車が来て助けたそうです

アメリカ・カナダでは事件(警察)や火事・救急(消防)は911コールで、それ以外(緊急でない)のものは311コールとなってます

Neighbors at the corner of Northhampton and Ticonderoga noticed the cat Sunday afternoon.
They called everyone and no one could help. Monday morning they called 311, and a worker with CPS Utilites made it to the location and successfully rescued the cat.

作業をしたブライアン・アラニスさんは「噛まないでね(^^;」と願いつつ救助し、グローブのお陰で引っ掻かれた指も大丈夫だったようです

“I was just hoping he wouldn't bite me, as I was getting up there to him, I think he did take a snip at you, yea he kind of got my finger, good thing I had my gloves on,” Brian Alanis said.

見ていた近所のメイヤード・メラーさんは「とても素晴らしかったです。私は誰かが動物を捕え(保護した事と思われます)出てきたのに興奮しました」とコメントしたそうです

“Oh it was wonderful, I'm just so excited someone would come out and save a domestic animal,” neighbor Maryed Meller said.

地面が近付くと猫さんはブライアンさんから飛んで走り去ったそうで、近所の方は猫さんを「ラッキー」と名付ける事にしたそうです

The cat took off as soon as he got close enough to the ground. Neighbors have decided to name the cat "Lucky".

猫さん優しい人達に 助けられて良かったです
先日の沖縄の救助とは大違いだなって思いました

それにしても猫さん写真では良く分かりませんが1~3歳くらいでしょうか?
こういうオマヌケな猫さんは可愛く感じてしまいます (^^;

keyetv.com:San Antonio worker rescues cat from top of utility pole

090123_2140~01.jpg
高いの怖い?

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ


沖縄で杉の木から降りられなくなった猫さんが4日ぶりに救出されたそうです
沖縄県の宜野湾市大謝名にあるマンションの敷地内で、木に登ったまま降りられなくなっていた猫さんが助けられたそうです

この猫さんは星野麻美さん(25)が飼っている生後8ヶ月のメス猫「ネル」ちゃんで、2月22日の夕方に高さ約15mのナンヨウスギの4m付近でネルちゃんが鳴いているのをマンションの住民が見付け、消防に救助要請をして助けようと梯子を架けたところネルちゃんは更に上ってしまったそうです

そのまま降りられなくってしまったようで、4日後の25日に再度救助要請をして宜野湾市消防が木を切り地上に落として救助し、飼い主の星野さんは「地上に落ちた時は心配したが、大丈夫そう。念のため急いで獣医師に診て貰います」とホッとした様子で「助けてもらった皆さんに感謝しています」とコメントしたそうです

しかし動画を見ましたが、宜野湾市の消防隊は救助の仕方を知らないのかと疑問に思うものでした
杉の木を激しく揺らす行動を見る限りでは助けるのではなく落とそうとしています
猫さんだから落ちれば大丈夫だろという感じでやったのでしょうが、恐怖心を煽り上に追い込んで降りられなくした原因になってます
しかも木を切り落としていましたが、救助のネットも用意(網はあったようです)せず、切り落とす木に安全用のロープも張らず(一緒に伸びていた)に15mの先端部を落下させてます
落ちた木からビッコを引いたネルちゃんが逃げようとするのが映ってました
ネルちゃんは命に別状は無かったそうですが足を骨折(おそらく後ろ足)していたそうです
下手をすれば大きな落下物(切り落とした木)と一緒に落ちていますから死んでいた可能性もあります

高さも15mですからビルの4~6階はある高さで猫さんが死亡する確率のある高さです
人間だって最大の恐怖を感じる高さの範囲に入っています

救助要請対称でないならやらない、救助するならちゃんとした救助をして欲しいと思います
骨折程度で済んで良かったです



アメリカのワシントン州で高齢の女性の顔を叩いて火災から救った猫さんがいるそうです [猫ニュース]

アメリカ合衆国ワシントン州のブレマートンで先月の2月28日(2009年)に高齢の女性宅で火災が発生し、寝込んで気付かなかった女性の顔を叩いて助けた猫さんがいるそうです

その女性が住む家の屋外に設置されたホームヒーターが火災を起こし、通気口から煙が屋内に流れ込み充満した状態だったそうで、火災報知機が作動したそうなのですが女性は寝込んでいて気付かなかったそうです

猫さんはベッドで寝ていた女性の上に飛び乗って顔を叩いて(引っ掻いて)起こしたそうで、ブレマートン消防署のチャーリー・リチャード(Charlie Rinard)さんは猫さんが起こさなかったら助からなかったであろうとコメントしたそうです

The feline, whose name was not immediately available, leapt on the woman's bed and pawed at her face until she woke up.

"If the cat hadn't woken her up, I'm pretty sure she wouldn't have made it," Bremerton Fire Department Lt. Charlie Rinard said.

The woman showed signs of smoke inhalation, he said. In most fatal fires, smoke kills the victim, not flames.

女性は気道熱傷の可能性もあるそうですが、猫さんと共にも命に別状はないそうです

火災はヒーターだけで済み、消防士さん達が充満した煙を家から排気したのですが、掃除はかなり必要なようです

The fire was contained inside the heater and firefighters cleared the smoke from the home, but it will probably require further cleaning, Rinard said.

火事で怖いのは火よりも煙です
一酸化炭素中毒になれば体の自由が利かなくなり、熱風を吸い込めば気管や肺などを火傷します
煙は横方向にだいたい秒速で1m前後進み、上下垂直方向には3~5m進みます
一酸化炭素中毒は起きていても認識する(中毒症になっているか)のが難しいもので、猫さん起こさなかったら助からなかったと思います
お手柄ですね

excite.ニュース火災から女性を救ったのは猫
Kitsap Sun:Cat Credited With Waking Up Bremerton Woman Amid Fire
MyPlainview.com:Wash. cat saves elderly owner from smoky fire

090119_2030~01.jpg
かっ火事!!

にほんブログ村 猫ブログへ


沖縄で杉の木から降りられなくなった猫さんが4日ぶりに救出されたそうです [猫ニュース]

沖縄県の宜野湾市大謝名にあるマンションの敷地内で、木に登ったまま降りられなくなっていた猫さんが助けられたそうです

沖縄_ネル01.jpg

この猫さんは星野麻美さん(25)が飼っている生後8ヶ月のメス猫「ネル」ちゃんで、2月22日の夕方に高さ約15mのナンヨウスギの4m付近でネルちゃんが鳴いているのをマンションの住民が見付け、消防に救助要請をして助けようと梯子を架けたところネルちゃんは更に上ってしまったそうです

そのまま降りられなくってしまったようで、4日後の25日に再度救助要請をして宜野湾市消防が木を切り地上に落として救助し、飼い主の星野さんは「地上に落ちた時は心配したが、大丈夫そう。念のため急いで獣医師に診て貰います」とホッとした様子で「助けてもらった皆さんに感謝しています」とコメントしたそうです

しかし動画を見ましたが、宜野湾市の消防隊は救助の仕方を知らないのかと疑問に思うものでした
杉の木を激しく揺らす行動を見る限りでは助けるのではなく落とそうとしています
猫さんだから落ちれば大丈夫だろという感じでやったのでしょうが、恐怖心を煽り上に追い込んで降りられなくした原因になってます
しかも木を切り落としていましたが、救助のネットも用意(網はあったようです)せず、切り落とす木に安全用のロープも張らず(一緒に伸びていた)に15mの先端部を落下させてます
落ちた木からビッコを引いたネルちゃんが逃げようとするのが映ってました
ネルちゃんは命に別状は無かったそうですが足を骨折(おそらく後ろ足)していたそうです
下手をすれば大きな落下物(切り落とした木)と一緒に落ちていますから死んでいた可能性もあります

高さも15mですからビルの4~6階はある高さで猫さんが死亡する確率のある高さです
人間だって最大の恐怖を感じる高さの範囲に入っています

救助要請対称でないならやらない、救助するならちゃんとした救助をして欲しいと思います
骨折程度で済んで良かったです

琉球新報:助かったニャン! 木の上のネコ4日ぶり帰る
琉球新報:助かったニャン! 木の上のネコ4日ぶり帰る(動画)
FNNフジニュースネットワーク:沖縄・宜野湾市で4日間スギの木から下りられなくなった猫の救出劇

090127_2128~04.jpg
危なっかしくて見てらんないよ

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。