So-net無料ブログ作成
検索選択

ペットの寿命が延びて高齢化になっているようです & キリ番報告 [猫ニュース]

ペットフードの改善や室内飼いが増えた事によりペットの寿命が延びてきて高齢化が進んでいるようです

ペットフードメーカーなど80社で組織されている[ペットフード工業会]が「平成20年度全国犬猫飼育率調査」を実施した結果、飼育所帯率は猫さんが14.4%(昨年度:14.4%)でワンちゃんが18.2%(昨年度18.9%)だったそうです
飼育所帯率から推計される飼育頭数は猫さんが1,373万8千頭でワンちゃんが1,310万1千頭になり合計だと2,683万9千頭だったそうで昨年度(2007年)の犬猫飼育頭数合計2,552万6千頭により約130万頭増加となっていたそうです

その中で7歳以上・10歳以上の割合が前年に続いて増加しているそうで高齢化・老齢化が推測される結果となったようです
今回から新たにペットフード購入時の確認点に関する調査を実施した結果ペットフードの「成長段階(対象年齢)」が最重要確認項目である事が分かったそうで飼い主さんのフード選びの意識がペット達の寿命に反映されていると考えられそうです

平成18年(2006年)から15歳未満の子供の総数よりペットの数が多くなり(2006年度調査 犬猫飼育頭数:約2,455万頭、15歳以下子供総数:1,744万人)少子化の影響とペット達から得られる癒し効果などで年々飼う人も増えているようで多頭飼いも増えているようです
2008年度の猫さんの平均飼育頭数が1.84匹、ワンちゃんの1.39匹だったそうで猫さんは高い所を好んだりするのでタワーやキャットウォークなどの工夫で室内飼いがし易かったり2匹以上飼う事で一緒に遊んだりしてくれるので飼いやすい(苦労はありますけどね(^^; )などの理由が考えられているようです

それに伴いペットの高齢化が進んでいるそうでシニアと言われている7歳以上の猫さんが47.4%(2007年度:45.8%)ワンちゃんが55.3%(2007年度:51.0%)、10歳以上の猫さんは31%(2007年度:28.3%)ワンちゃんは29.3%(2007年度:29.0%)の割合だそうで高齢化が進んでいるのだそうです

これから獣医学も良くなるでしょうし室内飼いの増加やペットフードも更に良くなるでしょうから平均寿命も更に延び
る事が考えられます
長く一緒に居られる時間は嬉しい事だと思います
高齢になると病気や骨折などの怪我の心配が若い時に比べて多くなります
大事な家族ですから労わって大切にして出来るだけ一緒に居たいですね

***********************************************************************************************************************
<msn産経ニュース:[犬&猫にも進む高齢化の波 ペットフード工業会調査]より>

 ペットフードメーカーなど80社で組織する「ペットフード工業会」(東京)が発表した「平成20年度全国犬猫飼育率調査結果」で、飼育世帯率から推計される飼育数は犬1310万1000匹、猫1373万8000匹の計2683万9000匹となり、昨年度に比べ約130万匹増えたことが分かった。

 15回目の今回調査は昨年10月、全国16~69歳の2人以上世帯の女性および単身者の男女(回収数4318人)を対象に行われた。

 目立ったのは、猫の飼育数の増加。第1回(平成6年度)に比べ、犬の飼育数は約1・4倍だが、猫は約1・8倍に。平均飼育数も1・84匹と、犬(同1・39匹)に比べ、多頭飼いの傾向がみられた。

 ペットの高齢・老齢化も一層進む。一般的に犬や猫は7歳以上がシニアとされるが、その率は犬で全体の55・3%(昨年度51・0%)、猫で47・4%(同45・8%)。うち約3割は10歳以上の老齢犬・猫だった。

 「ペットフードを購入する際に確認すること」では、58・7%の飼い主が「成長段階(対象年齢)」を最重要確認項目として挙げており、食べ物と長寿化との関連をうかがわせた。

 一方、18年度を境に、15歳未満の子供の総数と犬猫の飼育数が逆転。ペットの飼育数が増え続ける背景として、同工業会は、飼育可能な住居環境が整備された▽少子化の中でペットが子供と同じようにかわいがられるようになった▽ペットと暮らすことによる精神的効用が広がった-ことなどを挙げている。
***********************************************************************************************************************
msn産経ニュース:犬&猫にも進む高齢化の波 ペットフード工業会調査
ペットフード工業会:ペットフード工業会ニュース

それと兎猫さんnice1500番目でした
ありがとうございます m(_ _)m
カードを作りましたので良かったら貰って下さい

1500niceThankYou.jpg

にほんブログ村 猫ブログへ


アメリカのクリントン元大統領が大統領時代に飼われていた猫のソックス君が癌で安楽死となったそうです [猫ニュース]

アメリカ第42代大統領クリントン氏が下ね記事第二飼われていた猫のソックス君があごに出来た癌の為、2009年2月20日安楽死の処分を受けたそうです

Socks.jpg

ソックス君は1989年(おそらく推定)生まれの元野良猫さんで、クリントン元大統領の娘のチェルシーさんが1991年の音楽の授業の前に2匹の子猫を見付けて引き取った1匹で、 ホワイトハウスを出た後は秘書のカーリーさんが引き取って育てており、推定年齢19~20歳の猫さんで口や顎辺りに癌が発症して過去数ヶ月治療を受けていたそうです

クリントン元大統領が2001年にホワイトハウスを去る時、後からホワイトハウスに来た犬のバディ(Buddy)君と仲が悪く、クリントン元大統領はどちらも可愛がっていて、どうしようと悩んでいたところ、確かヒラリー夫人が引き取りをバディ君に決め、ソックス君が引き取り先未定のまま任期満了が迫ってきて、当時ソックス君と仲の良かった秘書のカーリー(Currie)さんが引き取る事で落ち着いたと当時のニュースであったと記憶してました

カーリーさんが引き取った後もクリントン元大統領ワシントンを訪れた際にちょくちょくソックスへ会いに行っていたのだそうです

ソックス君は雑誌の表紙を飾ったりしていてファンクラブもあり悲しんだ方が多かった事でしょう
クリントン一家より「我々だけでなく、子供や猫好きの人達に長年にわたって幸福や喜びを与えてくれた事に感謝したい」とコメントをしたそうです

The foundation released a statement from the Clintons:
"Socks brought much happiness to Chelsea and us over the years, and enjoyment to kids and cat lovers everywhere. We're grateful for those memories, and we especially want to thank our good friend, Betty Currie, for taking such loving care of Socks for so many years."

猫さんやワンちゃんも人間と同じ様に高齢になると発癌率が高くなります
しかも猫さんはワンちゃんに比べて悪性腫瘍の割合が高く、抗癌剤の効果もあまり無いようで副作用や痛み等の理由で使われる事は少ないようです
手術は人間も癌を丸ごと切除しますが、猫さんは体も小さく場所によっては切除できない事が多いようで、今回のソックス君の場合も、年齢と症状から安楽死を選択したのでしょう

今年1月引退されたブッシュ元大統領(第43代)のインディアちゃんも先月亡くなったばかりです
こういう事は続いてしまいますね
いつかみんな虹の橋で出会えるといいですね

AP News - Sun Journal:Socks, the Clintons' White House cat, dies
msn産経ニュース:クリントン長官一家の愛猫「ソックス」死亡 AP通信
CNN.co.jp:クリントン一家のペット猫が死亡、がん患い安楽死の処分

090104_1704~01.jpg
いなくなるのは寂しいな…

にほんブログ村 猫ブログへ


アメリカ現大統領ジョージ・W・ブッシュ氏の猫さん「インディア」ちゃんが亡くなったそうです
アメリカのジョージ・W・ブッシュ(George Walker Bush)大統領(2009年1月8日現)一家が飼っていたメス猫のインディア(India)ちゃんが2009年1月4日にホワイトハウスで亡くなったそうです
インディアちゃんは黒のアメリカン・ショートヘアで、次女のバーバラ(Barbara Pierce Bush)さんがテキサス・レンジャースの元メジャーリーガー「ルーベンス・シエラ(Ruben Angel Sierra García)」選手の愛称「エル・インディオ(El Indio)」から名付けたそうです

インディアちゃんは18歳だったそうで、ブッシュ大統領一家はとても悲しんでいるそうです
18歳を人間年齢に換算すると約88歳になります
きっと寿命だったのでしょうね
ワンちゃん猫さんは人間より寿命の短い生き物です
生き物はいつか死にますが、少しでも長く一緒に居たいものですね

AFP BB News:米ファースト・キャットの「インディア」、ホワイトハウスで大往生



丸善丸の内oazo 4Fで開催されいた[第5回 Catアートフェスタ 2009]へ行って来ました [猫イベント]

先週の金曜日(2009/02/13)から本日(2009/02/24)の16時まで開催されている[第5回 丸の内 oazo Catアートフェスタ 2009 ~ふくふくにゃんこ大行進!ニッポンは猫で元気になる!~]へ行って来ました

20090223_oazo_CatArtFesta.jpg

入り口で"写真を取って良いですか?"と聞いたところ"撮影はご遠慮下さい"との事でしたので、入口にあった葉書とoazoの入り口を載せました ↑↑
会場の様子はコチラをどうぞ

展示内容は招き猫を基本とした工芸品の展示販売で、陶芸・創作人形・切り絵・ポストカード・イラスト・七宝・金工・木工・木彫・Tシャツ等々色々な猫グッズがありました
ネックレスなどはレディース物が殆どなので僕の首には無理と諦め見て楽しみました (^^;
丸善さんではいくつかの店舗で招き猫イベントをしているようです
興味があって近くに丸善さんがある方は次回のイベントを覗かれてみては如何でしょうか
入場料は無料です (2009年2月現在)

丸善 催し物情報:丸の内本店~Catアートフェスタ作品紹介
丸善 丸の内本店:イベントインデックス

090224_0144~01.jpg
ちび君の手前のポットに入った陶器の置物を買いました
値段は¥1,890(税込み)です (^^;

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ


カナダで飼い主さんの胸をフミフミして癌を教えてくれた猫さんが居るそうです [猫ニュース]

カナダのカルガリー(Calgary)で、ライオネル・アダムス(Lionel Adams)さんの飼っている猫さんが肺癌の早期発見に貢献したとして話題になっているそうです

200902_カナダ肺がん教えた猫さん.jpg

アダムスさん(59歳)は、7ヶ月前に飼い猫のタイガー君(8歳)がらベッドに入って来てアダムスさんの左胸を足で訴えるようにフミフミを繰り返してきたそうで、それを主治医に話したところ専門医を紹介され検査したところ、フミフミした場所にレベル1の癌が見付かったそうです

アダムスさんに癌の兆候はなくタイガー君の行動を気にしなければ発見に5~6ヶ月遅れていただろうとアダムスさんは喜んでいるそうです

<cnewsより抜粋>
"He would climb into bed and take his paw and drag it down my left side -- he was adamant there was something there," he said.

"And it was right where the cancer was."

Adams, who has suffered from bronchitis, asthma and emphysema, had showed no symptoms of lung cancer before his kitty's bizarre examination.

But about seven months ago, after mentioning the cat's strange behaviour to his family doctor, he was referred to a specialist who caught the disease at stage one in his left lung.

"They did an X-ray, they spotted something on the left side," he said.

To get rid of the cancer, doctors removed a piece of his lung about the size of a pop can that had been shredded in half.

And now Adams is heralding Tiger as a hero for potentially saving his life.

"I think if he hadn't done the pawing part it could have gone on for another five, six months undetected," he said.

"I feel like it could have been a lot worse if the cat hadn't had tuned in to something there, to something he felt was wrong.

"I would say he's my hero."


何年か前に人の息を嗅いで9割以上の確立で癌を当てるワンちゃんが居ました
アメリカ ロードアイランド州の病院に居るオスカー君は人の死を予言する猫さんで有名です
学者は動物には第六感(sixth sence)があると言う方も居ますが、第六感の可能性もあるでしょうけど僕としてはワンちゃんは癌の臭い(癌には人間には分からない特殊な臭いがあるそうです)、猫さんは心音などの生活における体内のリズムなど変調に反応したのではと思ってます
五感の中でも人間に比べてズバ抜けた能力があるのですから

アダムスさん愛猫のタイガー君が自分の危機を救ってくれて嬉しいでしょうね
より一層大切な存在になったでしょうね


今日2月22日は「猫の日」ですね
ショップなどバーゲンやキャンペーンをしているところもあります
猫缶や猫砂など買い時ですね

猫さんと共に良い日でありますように o(^-^)o

cnews:Cat nips owner's lung cancer
cnews:Cat nips owner's lung cancer(動画付)
msn産経ニュース【海外こぼれ話】第6感?

090123_2139~02.jpg
いつまでも一緒に居よ

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ


2月17日(火)に渋谷東急百貨店で開催されていた『ねこのクラフトと雑貨展』へ行ってきました [猫イベント]

2月17日(火)に年2回(2月と9月)渋谷の東急百貨店で開催されている『ねこのクラフトと雑貨展』に行ってきました

20090217_渋谷ねこのクラフトと雑貨展.jpg

ここは渋谷の駅ビル 東急百貨店 東5Fの特別サロンで開催されているのですが、特別サロンへの入り口辺りはランジェリーショップがあり、男1人でウロついていると とても怪しいです (^^;

このイベントは猫さんをテーマにした工芸品を作っている作家さんや雑貨を扱っている方などが集まったもので、輸入雑貨(猫雑貨)・プリントシャツ・シルバーアクセサリ・粘土細工・イラスト(手描き)・革製品・布人形(猫人形)・ガラス絵付け等々色々な猫グッズがあります

今回は2/8(木)~14(水)までだったのですが、教えて頂いたのが開催期間中でblogに通知をアップする時間がありませんでした

興味のある方は9月の開催に行かれてみては如何でしょうか?
ショップの方と猫話できますし猫さん好きなら楽しめると思いますよ o(^-^)o

東急百貨店:2月スケジュール

090217_0033~02.jpg
遅いと思ったら…[もうやだ~(悲しい顔)]

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ


テレビ東京の【ポチたま】でワンちゃんの子育てを手伝う子猫のマリモちゃんが放送されるそうです [猫TV・メディア]

毎週金曜の19:00に放送されている【ペット大集合!ポチたま】で今度の金曜日(2009/2/20)に先日blogにアップしたワンちゃんの子育てを手伝う子猫のマリモちゃんが放送されるそうです

Pochitama_090210.jpg

今回放送される[ねこ特集]で以前放送された、捨てられていた子猫を育てているマルチーズのベンジーちゃんの、その後のお話って事だそうです

お世話になったマルチーズのベンジーちゃんの子犬達を子猫のマリモちゃんが世話をする映像が見れます
猫さん特集ですので、他にも色々な猫さんがオンエアされるようですね
だいすけ君もゴールのニューヨークへ到着したようで、アメリカ横断5000kmの旅も終わるようです
お時間のある方は見てみては如何でしょうか?

テレビ東京ペット大集合!ポチたま
ポチタマ予告動画

090215_1739~01.jpg
ん?どこかで誰かが…??

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ


和歌山県で育ててくれたワンちゃんの子犬達の世話を手伝う猫さんが居るそうです
和歌山県白浜町の林さん宅で飼われている8ヶ月のメス猫マリモちゃんはマルチーズのメスのベンジーちゃん(4歳)の子犬達の世話をお手伝いしているそうです
マリモちゃんは昨年(2008年)の春に近所の方が人に捨てられたか親とはぐれたか分からない産まれたばかりの子猫を保護したのを林さんが引き取ったのだそうで、マルチーズのベンジーちゃんは母親のようにマリモちゃんの面倒を見ていて妊娠していないのに母乳が出て与えていたそうです
ベンジーちゃんも元捨て犬で林さんに保護された子なのだそうで、独りぼっちの寂しさを知ってたから優しかったのかもしれませんね

その後ベンジーちゃんが交配により妊娠してクリスマスの夜に子犬が2匹産まれたそうなのですが、やんちゃなマリモちゃんが産まれたばかりの子犬達を怪我させたら危険と思い、林さん夫妻はベンジーちゃん親子をマリモちゃんから隔離したところ、2日後にマリモちゃんは囲いを飛び越え中に入ってワンちゃん達と一緒に寝ていたのだそうです
マリモちゃんは子犬達のお尻を舐めて排便を促してあげたり毛繕いをしてあげたりと熱心に世話をしているのだそうです
でもまだ8ヶ月のマリモちゃんは子犬達と一緒にベンジーちゃんのお乳を飲んでいるそうです
お姉さん気分なんでしょうかね?
微笑ましいです
いつまでも仲良くいて欲しいですね


伊勢市の太江寺(たいこいうじ)に案内猫のメリーちゃんが5年振りに戻ったそうです & キリ番報告 [猫ニュース]

三重県伊勢市二見町江の太江寺(たいこうじ)で「案内猫」と呼ばれてメス猫のメリーちゃんが昨年(2008年)の夏5年振りに戻り、再び案内するようになったそうです

三重県伊勢_太江寺=メリーちゃん.jpg

太江寺はペット供養の寺としても知られていて三重県内のペットを亡くされた方が供養や墓参りに訪れるそうです
メリーちゃんは約12年前に小さく痩せ細った状態で太江寺に現れたのだそうで、人懐っこく参拝に訪れた方々に可愛がられていて、暫くするとメリーちゃんは訪問者の方々の前を先導するように歩くようになり、「案内猫のメリー」と呼ばれるようになったのだそうです

けれど5年くらい前に姿を見せなくなり心配していたところ、昨年(2008年)の夏にひょっこりと現れたのだそうです
やや太り気味で以前の俊敏さはないそうですが、永田住職は「娘が帰ってきたようでホッとしている。境内を案内する役目は忘れておらず、訪れた人たちも楽しみにしています」と話したそうです

猫さんは住むエリア(縄張り)を決めて生活します
近くに危険があり、餌場や寝床のと危険度を天秤にかけて、その場所を離れてしまう事はありますが、体系が太めだった事から何方かが飼っていたのだと思います (^^;
何れにせよ戻ってきて良かったですね

毎日.jp:案内猫:メリー“復活” 5年ぶり帰還、参拝客を先導--伊勢・太江寺 /三重
毎日.jp:掘り出しニュース:案内猫メリー“復活” 5年ぶり帰還、参拝客を先導
潮音山 太江寺


それと くらいふさんnice1400番目でした
ありがとうございます m(_ _)m
カードを作りましたので良かったら貰って下さい

1400niceThankYou.jpg


にほんブログ村 猫ブログへ


和歌山県で育ててくれたワンちゃんの子犬達の世話を手伝う猫さんが居るそうです [猫ニュース]

和歌山県白浜町の林さん宅で飼われている8ヶ月のメス猫マリモちゃんはマルチーズのメスのベンジーちゃん(4歳)の子犬達の世話をお手伝いしているそうです

200901_和歌山_マリモちゃん恩返し02.jpg

マリモちゃんは昨年(2008年)の春に近所の方が人に捨てられたか親とはぐれたか分からない産まれたばかりの子猫を保護したのを林さんが引き取ったのだそうで、マルチーズのベンジーちゃんは母親のようにマリモちゃんの面倒を見ていて妊娠していないのに母乳が出て与えていたそうです
ベンジーちゃんも元捨て犬で林さんに保護された子なのだそうで、独りぼっちの寂しさを知ってたから優しかったのかもしれませんね

その後ベンジーちゃんが交配により妊娠してクリスマスの夜に子犬が2匹産まれたそうなのですが、やんちゃなマリモちゃんが産まれたばかりの子犬達を怪我させたら危険と思い、林さん夫妻はベンジーちゃん親子をマリモちゃんから隔離したところ、2日後にマリモちゃんは囲いを飛び越え中に入ってワンちゃん達と一緒に寝ていたのだそうです

マリモちゃんは子犬達のお尻を舐めて排便を促してあげたり毛繕いをしてあげたりと熱心に世話をしているのだそうです
でもまだ8ヶ月のマリモちゃんは子犬達と一緒にベンジーちゃんのお乳を飲んでいるそうです

200901_和歌山_マリモちゃん恩返し.jpg

お姉さん気分なんでしょうかね?
微笑ましいです
いつまでも仲良くいて欲しいですね

asahi.com:猫、育ての「親犬」に恩返し 熱心に子犬の世話 和歌山

090201_2154~01.jpg
お手伝いしましょうか?

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。